脳梗塞の後遺症

日本人にも多い現代病と言われている脳梗塞は脳の血管が詰まってしまう病気です。
血管が詰まってしまうと大変なことになり脳に酸素が行かなくなってしまったり、栄養素が不足してしまい脳組織が壊死してしまうというとても恐ろしい病気です。
血液粘度が高くなると誰でも脳梗塞になってしまう可能性が高くなり様々な後遺症を発症してしまう危険性があります。
脳梗塞はある日突然やってきて患ってしまった人の人生を一変させてしまいます。

脳梗塞は様々なケースがあり太い血管の内側にドロドロのコレステロールの固まりができたり、細い血管が動脈硬化になってしまったり、心臓から血栓が脳まで流れてきて血管を塞いでしまうものもあります。
脳梗塞と動脈硬化は密接な関係があり血液の流れが悪くなってしまう病気です。
動脈硬化や脳梗塞になってしまう原因は飲酒・喫煙・食習慣・ストレスなどの生活習慣が危険因子となって脳梗塞を引き起こしてしまいます。
特に食生活の乱れが脳梗塞を誘発してしまい塩分の摂りすぎ、甘いものの摂りすぎなどが原因になります。
日々の生活から危険因子を排除することは重要ですが、それでも脳梗塞になってしまう可能性は0ではありません。

普段から気をつけていても脳梗塞になってしまう人もいます。
脳梗塞になってしまうと何かしらの後遺症に悩まされてリハビリとの闘いになります。
一度発症してしまうと寝たきりになってしまったり身体の半分が動かなくなってしまう後遺症が出ます。
これは脳に酸素や血液が行かなくなってしまった結果脳に重いダメージを与えてしまった結果麻痺してしまうのです。
当サイトでは脳梗塞の後遺症について考えてみます。


◎Special Link
交通事故で後遺症が残ってしまった方向けの後遺障害認定の申請サポートなどを行っている弁護士事務所のサイトです > 交通事故 後遺障害

Copyright © 2014 脳梗塞の後遺症とは? All Rights Reserved.